洗顔後にすぐ○○を塗ると?

 

洗顔後すぐやること

 

洗顔後すぐに
何らかの化粧品を塗る場合
それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

 

 

洗顔後はすぐにスキンケアすべき
というのは定説ですよね。

 

でも、そのスキンケアにも多くの方法があります。

 

 

洗顔後すぐやるスキンケア
それぞれの良い点・悪い点をご紹介します。
参考論文:https://www.shiseidogroup.jp/rd/

洗顔後すぐ化粧水

  • メリット…毛穴から余計な汚れが落ちた直後の肌に水分を補給することによって、化粧水の効果を存分に発揮することができ、後からのスキンケアの浸透も良くなります。
  • デメリット…化粧水のほとんどは水分のため、洗顔直後に付けてから美容液などの次のステップまでにあまり時間をかけ過ぎると、かえって肌の乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。心配な場合は、化粧水・乳液・美容液がひとつになったオールインワンの方が良いでしょう。
  •  

    化粧水のつけすぎが心配な女性もいるかもしれませんが、基本的にはOKです。コスパの問題くらいです。
    ただし肌質、アイテムの特徴にもよります。
    ご自分にあった適量を見つけるのことが大切です。

洗顔後すぐ美容液

洗顔後すぐ乳液

  • メリット…化粧水の手間を挟まずに、洗顔直後の肌に乳液を塗ると、高い保湿成分により肌が柔らかくなり、透明感が増します。
  • デメリット…水分より先に油分を取り入れることにより、乾燥しやすい肌になってしまいます。先に肌への水分補給を行うか、オールインワンを使用した方が良いでしょう。

洗顔後すぐオイル


洗顔後すぐに塗るオイルにはアルガンオイル、アボカドオイル、ココナッツオイルがあります。

  • メリット…美容オイルは、後のスキンケアの浸透を良くしてくれるブースターの役割もあります。ものによっては、洗顔直後のオイルだけでも保湿も補える場合もあります。
  • デメリット…最初は適量が分からず付け過ぎてベタベタになってしまうこともあります。そうした場合、逆に肌荒れやテカリなどの原因となってしまうので注意が必要です。

洗顔後すぐ馬油

  • メリット…馬油は、美容オイルの中でも一番人間の肌に近いもののため、乾燥しがちな洗顔直後に付けることで不足した皮脂が補われ、その後のスキンケアのアイテムとよく馴染み、効果をより高めてくれます。
  • デメリット…付け過ぎるとベタつきが起きやすいうえに、毛穴に蓋をしてしまい、その後に化粧水を付ける場合は浸透しづらくなってしまいます。

洗顔後すぐセラミド

  • メリット…セラミド配合の化粧水を洗顔直後に使用すると保湿力が抜群なので、特に乾燥肌の人にとっては有効と言われています。
  • デメリット…セラミド配合でも、化粧水ではなくクリームなど油分が多いアイテムを使用してしまうと、セラミドという成分自体が油性成分なので、いつまでも油分が多いクリームの中に残ってしまい、肌に浸透しづらくなってしまいます。そのため、セラミド配合のクリームを洗顔直後に使用するのは効果を充分発揮出来ない場合があります。使用する場合は水分が多く浸透しやすい化粧水、美容液などがおすすめです。

洗顔後すぐシアバター

  • メリット…シアバターは肌との相性が良いです。特に、精製されたものより未精製のものの方が効果を発揮しやすいと言われています。洗顔直後の皮脂が不足した肌に塗ることで、過剰な皮脂の分泌を防ぎ水分と油分のバランスを上手に取り、肌も柔らかくしてくれます。
  • デメリット…シアバターは洗顔直後の肌に塗っても乾燥しない保湿力を持っていますが、それも付け過ぎると水分と油分のバランスが崩れてしまいます。また、脂肪酸を肌から過剰摂取し過ぎると、ターンオーバーも乱れてしまうので注意が必要です。

洗顔後すぐオロナイン

  • メリット…乾燥肌、荒れた肌には特に効果を発揮します。洗顔直後、オロナインを手にとって、体温で温めながら水を馴染ませて乳化させたうえで肌に馴染ませるとよく浸透してくれます。保湿成分の他に、通常よく使う殺菌成分なども入っているので、このステップ一つで肌荒れを防いでくれます。
  • デメリット…化粧水を混ぜたり、乳化させて肌に馴染ませると有効な方法ですが、そのまま雑に塗るとかえって乾燥をまねきます。また、通常は塗り薬として使うことが多く色々な成分が入っているので、肌との相性もあります。いきなり塗ってしまうと、逆に肌荒れなどを引き起こしてしまう可能性があるので、特に敏感肌の人は注意した方が良いでしょう。

洗顔後すぐヨーグルトパック

  • メリット…洗顔直後や湯上り直後など肌がクリアになった状態で塗ることで、ヨーグルトの持つビタミン成分・ミネラル成分がよく浸透してくれます。また、老化を抑制してくれる抗酸化作用もあるので、美しい肌ツヤを保つことが可能です。
  • デメリット…ヨーグルトには、肌に嬉しい成分の他にも様々な成分を含んでいます。そのため、ヨーグルトを取ってそのまま肌に付けてしまうと炎症などを起こしてしまう恐れがあります。また、食べ物なので、パック後きちんと洗い流さずに肌を不潔な状態にするのも肌荒れに繋がります。ヨーグルトパックの作り方や使い方をしっかり守って行うことが必要です。

洗顔後すぐ緑茶パック

  • メリット…カテキンの抗酸化作用により、肌に付着している菌を殺菌し、余分な皮脂など皮膚表面の汚れを洗い流すことが出来ます。また、ビタミンCやミネラルなどもふんだんに含んでいるので、洗顔後のクリアな肌で行うとそれらの成分が肌によく浸透してくれます。
  • デメリット…緑茶パックはお茶の出がらしを使う方法が多いので、特に洗顔直後のデリケートな肌に使う場合は衛生面で注意しないと炎症が起きやすくなります。また、出がらしでなく新しいお茶を使うと成分が強過ぎて逆に肌荒れを引き起こす場合もあります。

洗顔後すぐユースキン

  • メリット…油分が多く、美容にも嬉しい成分をたくさん含んでいるので、洗顔直後・湯上り直後などの毛穴が開いた状態で塗り込むと肌が柔らかくなります。また、洗顔直後にユースキンを多少ベタついても厚塗りをしてぬるま湯で洗い流すと、栄養分をしっかり取り込んだ上で潤いが詰まった肌になれます。アイクリームや部分用スキンケアとしてもおすすめです。
  • デメリット…洗顔直後に厚塗りをしたままで部屋で過ごすと、空気に含まれる埃などを寄せ付けやすくなりデリケートな状態の肌にかぶれや炎症を引き起こす恐れがあるので、厚塗りをした場合は肌に馴染ませるかぬるま湯で洗い流すかどちらかの方法をとりましょう。

洗顔後すぐニベア

  • メリット…高級クリームとも引けを取らないと言われており、洗顔直後にこれだけ塗ってスキンケアを終えても肌を健全に保つことが出来ます。かえって、肌を擦ったりする摩擦などのダメージを少なく済ますことができ、乾燥もしっかり防いでくれます。
  • デメリット…極度の乾燥肌や毛穴の開きに悩む人にとっては、ニベアは油分であり蓋の役割をするものなので、化粧水などで水分補給をしてから塗らないと逆効果になる可能性があります。

洗顔後すぐワセリン

  • メリット…油分が多いので、洗顔直後の皮脂が足りない状態で使用すると肌がしっとりします。化粧水、乳液、美容液など多くのステップを踏まずに肌を擦ったりという手間も少なくて済むので、そういったダメージを防ぐことができます。
  • デメリット…洗顔して乾燥気味の肌に直接ワセリンを塗るのは、油分のみを補給しているということになるので、極度の乾燥肌の人にはより乾燥を引き起こしてしまうかもしれません。また、顔の皮膚は薄くデリケートなので、敏感肌の人にとってはワセリンの成分が強過ぎて痒みや炎症が発生してしまう可能性もあります。

洗顔後すぐBBクリーム

  • メリット…洗顔後のくすみが取れた状態でBBクリームを塗ると、薄づきでも素肌が一段階明るくなったように見せてくれます。
  • デメリット…BBクリームはファンデーションの成分も含まれているため、保湿をしないで洗顔後に直接塗ると肌へのダメージが普通より大きいです。続けているとダメージが蓄積され、将来的はシミなどの肌トラブルへと繋がりかねません。

洗顔後すぐ日焼け止め

  • メリット…その後化粧する予定がなくても、洗顔直後に日焼け止めをすることで、ちょっとした外出などに浴びる紫外線をカットしてくれます。紫外線によるダメージは、ちょっとしたものでも蓄積されるとシミやそばかすに繋がるので、すぐに日焼け止めを塗る方法は有効です。
  • デメリット…保湿せずに毛穴が開いた洗顔直後に塗ることによって、日焼け止めが毛穴の中に落ちてより開いてしまう可能性があります。日焼け止めを塗った際には「落とす」という意識も必要です。

 

洗顔後すぐに塗れる美容液もあります。

↓↓↓

洗顔後すぐに塗れる!一滴でベビーコラーゲンを増やす!ブースターの役割も!話題の卵殻膜美容液まとめ

TOPへ