洗顔後に何もつけない効果とデメリット


洗顔後に何もつけない

  • 肌断食って?
  • ニキビへの効果とデメリット
  • 毛穴の効果とデメリット
  • 角栓の効果とデメリット
  • シワの効果とデメリット
  • メイク方法
  • 化粧水不要論
についてまとめました!

肌断食の効果とデメリット

 

洗顔後に何もつけない肌断食。

 

美容に関心の高い現代の女性は様々な化粧品を使って、過剰に栄養を与え過ぎてお肌を甘やかしています。
その結果、肌本来の新陳代謝や排出機能が鈍くなっている傾向があります。
そんな現代女性の肌におすすめされている肌活が「肌断食」です。

 

肌断食とは、『洗顔後のスキンケアは一切しない』という誰でも簡単にできる方法です。

 

洗顔・クレンジングからスキンケア、メイクもしない角質培養とは違います。

 

 

初めのうちは、洗顔後しばらくすると肌の乾燥や、つっぱりを感じてきますがスキンケアをしないで我慢してください。

 

15〜20分ほどで肌本来が持っている防御機能が働き、天然の保護膜や肌から出たオイルで症状が緩和されてきます。

 

実は、この天然オイルが一番自分の肌に合った完全無添加の美容液とも言われています。

 

初めての肌断食は3日〜4日程続けてみてください。肌にハリが出て毛穴が目立たなくなってきて肌トラブルが解消されてきます。

 

ここで注意したいのは、肌断食をずっと毎日続けていくと逆にデメリットに繋がる可能性があります。

 

大事なのはスキンケアをする日と肌断食の日をバランスよく取り入れること!

 

より、効果を出すためにオススメのやり方は、『週末だけの肌断食』です。

 

肌断食後はお肌がリセットされますので、普段つけているスキンケアも見直していきましょう。

 

何の化粧品を使うとお肌の調子が悪くなるのか状態を確認しながら、原因を見つけて改善していくことも今後のお肌のために非常に大切なことです。

 

 

粉を吹いたり、乾燥が気になる場合は
ワセリンなど、ご自分に合った保湿剤を部分的に塗りましょう。

 

ニキビへの効果とデメリット


洗顔後に何もしない場合のニキビへの影響。

 

洗顔後に何もしないで肌本来の防御機能が回復すれば、ニキビになる原因を根本から解決することができます。

 

現在できているニキビが悪化してしまうのではないかと心配な方もいるかもしれませんが、肌質改善をすると治りますので実践する価値があります。

 

一時的なニキビの悪化は
肌が生まれ変わるための好転反応というものなので、生活習慣も見直しながらニキビの原因を根本から改善しましょう!

毛穴への効果とデメリット


洗顔後に何もしない場合の毛穴への影響。

 

洗顔後に何もしないことで一番効果が実感しやすいのは毛穴が小さくなることです。

 

普段のメイク落としや洗顔料によって肌に必要な保湿成分も奪ってしまいダメージを受けた肌が毛穴が目立つようになりますが、
洗顔後に何もしないことで肌本来の防御機能の回復と正しい洗顔・スキンケア方法で本来の肌の美しさが戻ります。

 

肌を必要以上に洗浄しない優しい石鹸選びなどが、毛穴レス肌への近道となります。

角栓への効果とデメリット


洗顔後に何もしないことを始めて角栓が目立つようになったという方も安心してください。
過剰なスキンケアをやめたことによって、肌の再生が進んでいる好転反応のひとつなので、あまり触らずに乗り切りましょう。
無理に取ろうとすると肌を傷める原因となりますので、どうしても気になる方は、
蒸しタオルを当ててみたり、ごく少量のワセリンで角栓を優しく撫でてみてください。
柔らかくなった角栓が取れやすくなっています。

シワへの効果とデメリット


洗顔後に何もしないと肌本来の水分と油分のバランスを取り戻すことによって、シワの改善にも繋がります。

 

一時的に小じわが増えるように感じる方も多いですが、肌断食の後にハリが出てシワが目立たなくなります。

 

ただ、深いシワにお悩みの方、超乾燥・敏感肌の方は「シワを改善したい」という目的での洗顔後に何もしないのはおすすめできません。

 

洗顔後に何もしないことで、痛みや赤みがひどく出た場合は無理はせずに肌の状態を確認しながら行ってください。

洗顔後に何もつけない時のメイク方法


洗顔後に何もつけない時(肌断食中)のメイクアイテムは洗顔の負担が少ないものを選んでください。

 

ファンデーションはパウダー(ミネラルファンデーション)に変える等、お湯と石鹸だけで簡単に落ちるものが基本です。

 

また出来れば、洗顔後に何もつけない肌断食を始める1週間前位から
このメイク方法を始めて準備をすることをオススメします。

化粧水不要論とは?


世の中のスキンケアは肌に過剰に水分を与えすぎています。

 

いくら高い化粧水で水分を与えていても、スキンケアをしないと数分後には肌がつっぱり乾燥が気になるようになります。

 

普段は油分を塗っているため誤魔化されていますが、肌本来の潤いが失われているため上記のような症状が起こるのです。

 

本来の美しいお肌を取り戻すために、洗顔後に何もつけない肌断食で肌休みをして肌細胞を活性化させましょう。
自らの保湿・防御機能を正常に戻すことが現代の女性の肌には一番必要となるわけです。

洗顔後に何もつけないでフェイスマスクだけなら?


フェイスマスクは肌の表面だけを潤わせているだけなので、洗顔後に何もつけない状態でつけても中途半端になります。

 

洗顔後に何もつけないと、すぐに自らの肌から自分に合った美容オイル(皮脂保護膜)が分泌されてきます。

 

このオイルが肌を生き返らせる最高のフェイスマスクとなります。

 

40代だけど、洗顔後に何もつけないでも大丈夫?

40代てあっても
肌断食を目的とするのであれば大丈夫です。

 

しかし、なんとなく何もつけないのであれば
いつも通りのスキンケアを続ける方が良いでしょう。

 

洗顔後に何もつけない肌断食を行う女性は

  • 化粧水
  • 乳液
  • 美容液
  • オールインワンゲル

など、
スキンケアに使う化粧品が肌に合わないと感じている女性です。

 

今までの化粧品がイマイチ良くないと実感しているのであれば、1週間〜2週間、洗顔後に何もつけないで過ごしてみてください。

 

少なくとも一週間は肌のカサつき・つっぱり感があると思いますが、その後の肌の状態で継続するかを判断しましょう。

 
TOPへ