洗顔後すぐにオイルを塗るなら何オイルが良い?

 

洗顔後すぐにオイルだけで済ませるスキンケアが注目されています。

 

と言っても
オイルだけでは賛否両論あるのも事実なので、

  • オイル種類別のメリット・デメリット
  • 適切な使い方
をまとめてみました。

 

 

オイルは大きくわけて3種類

  • 炭化水素油
  • 油脂
  • ワックスエステル

 

一般的には

  • 乾燥肌⇒油脂
  • オイリー肌⇒炭化水素油
  • 敏感肌⇒炭化水素油
に良いと言われているので

 

洗顔後に使うオイルとしては
油脂・炭化水素油を持っていれば、ひとまず安心です。

 

ワックスエステルは万能的ですが、商品によって特徴がわかれます。

 

 

下記では
洗顔後に使われているオイル
(炭化水素油・油脂・ワックスエステル)のメリット・デメリットを
洗顔後すぐに塗るというテーマでまとめています。

 

ご自身に合いそうな洗顔後のオイルを探してみてくださいね。

炭化水素油


炭化水素油は、油としての特性が強いオイルです。

 

刺激がほとんどないのがメリットですが、油性が強いのでインナードライを起こす可能性があります。

ベビーオイル

ベビーオイルは、赤ちゃんの肌にも使えるよう作られたオイルです。洗顔後に顔だけでなく、髪や肌全体に使用することができます。
ベビーオイルの使用法として、そのまま塗るのも可能ですが、洗顔後に顔がつっぱる方にオススメなのが、洗顔時、洗顔料にベビーオイルを数滴混ぜて洗顔することです。そうすると、洗顔料で皮脂を取り過ぎず肌を乾燥から守る効果が得られます。
また洗顔後すぐに、化粧水と乳液を使用した保湿ケアをするとより効果的です。
顔専用のオイルではないので、塗り過ぎるとニキビや吹き出物ができる可能性があります。

ワセリン

ワセリンは、石油から作られた鉱物油のことを言います。油なので肌に塗ると油膜ができ、外部からのダメージから肌を保護したり、肌の水分が蒸発するのを防ぐ効果があることや、肌への刺激が少ないことから赤ちゃんのオムツかぶれにもよく使用されています。
ワセリンを肌に使用する場合には、洗顔後すぐに(顔が濡れている状態)耳かき1〜2杯分程度のワセリンを肌全体に薄く塗ります。

 

簡単に行うことができますが、デメリットとして、ワセリン自体にアレルギー反応が出る人もいるということです。試すならプロペトかサンホワイトを使うことをオススメします。また時間が経ったワセリンはホコリを吸着してしまうので半日に1回くらいは洗い流す必要なため、朝の洗顔時には向かないことがあげられます。

スクワランオイル

スクワランオイルは、「スクワレン」という成分をもとにして作られているオイルです。スクワレンは、哺乳類、植物などが持っている成分で、抽出したスクワレンから不純物を取り除き、水素を添加して加工したものがスクワランになります。
使用するときには、少量でもなじませやすくするために、洗顔後すぐに化粧水を塗り、顔や手のひらに化粧水の水分がまだ残っているうちに、1〜2滴程手の平に伸ばして顔全体に馴染ませます。1〜2滴の少量使うのがポイントです。これだけで水分の蒸発を防いでくれる効果があるため、クリームなどを使わなくても乾燥を防ぐ効果が期待できます。
デメリットとして、こちらも天然成分のため、稀にアレルギーを起こす可能性があるということです。

 

油脂


油脂の最大のメリットは、皮脂に近い成分なので肌馴染みが良い点です。

 

しかし、天然油のため、酸化が早く、長期間の保存には向いていません。

 

洗顔後のオイルスキンケアとしては1番選ばれている種類です。

アルガンオイル

アルガンオイルは、ビタミンEが豊富なオイルです。オリーブオイルの4〜10倍に及ぶと言われており、ビタミンEは天然の防腐剤ともいわれ、抗酸化作用や血行促進、肌のターンオーバーを早めたりする効果があります。

 

お肌へのスキンケア法として、洗顔後すぐに化粧水や乳液をつける際に、1〜3滴ほど混ぜてつけるだけです。

 

洗顔後にアルガンオイルをつけ顔をマッサージすることもオススメですが、やりすぎると逆にニキビを増やしてしまったり、肌のたるみの原因にもなる場合があります。

オリーブオイル

オリーブオイルは、洗顔後に塗ることよりも、洗顔そのものに使われます。これは普段見慣れている食用のオイルではなく、美容用のオリーブオイルになります。なぜオリーブオイルが肌に良いかというと、オリーブオイルに含まれている成分「オレイン酸」が、私たちヒトの皮脂と同じ働きをしてくれるからです。

 

オリーブオイル洗顔は、まずお化粧を落としてから行います。そのあとに、顔全体をマッサージするようにオリーブオイルを使用し、顔全体に馴染ませます。その後は普段の洗顔と同じです。そうすることで、洗顔後の肌がもっちりと弾力のあるものに変化します。

 

デメリットとして、ニキビ肌の人には向かないということ。ヒトの皮脂と似た成分であるオリーブオイルを肌に塗れば、酸化して菌が増殖してしまう可能性もあるので、ニキビ肌では控えることが無難だと考えられます。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルは、バルミトオレイン酸を多く含み、よく伸び、肌によく馴染むオイルです。
普段の洗顔後すぐに化粧水をし、そのあとに普通なら乳液を使用するところ、このマカダミアナッツオイルを1〜3滴ほど肌全体に馴染ませるだけで、肌の乾燥を防ぎ、保湿してくれます。

 

自然成分でできているもののため、他のオイルと同じくアレルギーが現れてしまうことが注意点です。また、過剰に使用しすぎることで肌あれを起こすこともあります。オイル=油のため、肌から油を吸収しすぎてしまうことが原因となるので注意して使用しましょう。

馬油

馬油とは、その名のとおり馬の油です。
馬油の洗顔法として、顔全体を濡らしたあとしょうりょうの馬油でマッサージするように顔の汚れを馬油に混ぜて落とすことです。その後すぐに洗顔料で洗顔すると、洗顔後すぐの肌のしっとり感が違ってきます。

 

馬油で肌の油分を取り過ぎずに洗顔をすることができ、肌本来の皮脂を残すことができ、しっとり感が生まれます。

 

また、馬油には紫外線から肌を守る効果があるため、朝の洗顔後に馬油で肌を保湿するのが良い保湿法だと考えられます。

 

またこのオイルも他のオイルと同様に、アレルギーに注意。そしてニキビ肌の方には向かない点に気をつければ、良い肌に近づける方法になります。

アボカドオイル

アボカドオイルは、食用のアボカドから取れる油のことを言います。
アボカドは非常に栄養価の高い果物としてギネスブックに認定されるほど健康によい果物です。

 

洗顔後に化粧水、乳液としようするところ、乳液の部分をアボカドオイルに変更して使用するのが良いとのことです。化粧水で肌に水分を補給し、このオイルで保湿することで肌の潤いをキープできるのです。

 

このオイルの特徴として、アボカド独特の匂いがします。そのため、元々アボカドが得意ではない人にとってはあまり向かないかもしれません。

ココナッツオイル

ココナッツオイルでの保湿は、洗顔後にココナッツオイルを少量(1〜2滴程度)なじませることで角質層の油分と水分のバランスが整い、その後につける化粧水や美容液の浸透を助ける効果が期待できるものです。

 

また、普段使用している化粧水に混ぜて使うのも良いとされています。

 

デメリットとして、肌に合わない可能性があることや甘い匂いがあり苦手な人もいることです。

マルラオイル

マルラオイルは、マンゴー等マルラの種から取られたオイルのことです。非常に浸透性が高く、保湿力も良いオイルです。
洗顔後すぐに手の温度と同じくらいにして温まってから肌に塗ることで浸透がより良くなります。また、マッサージしながら行うのも効果的だと言われています。このオイルはアトピーにも効果的と言われる程、保湿成分や栄養価が高いオイルです。ですが、良い点もある反面、オーガニック製品のため、保存期限は短く、日に日に質が悪くなってしまうということです。

 

ワックスエステル


ワックスエステルのメリットは酸化しにくい点です。

 

保存性に優れており、洗顔後に顔に塗って外出してもシミやニキビになりにくいです。

 

ですが、商品によって精製クオリティーの差が出ている点がデメリットです。

ホホバオイル

ホホバオイルの美容効果から乾燥肌の改善や肌トラブルの防止、さらにはアンチエイジング効果が得られる方法は、洗顔料に混ぜて使用するということです。そうして使用することで、汚れがオイルと混ざってしっかり落ち、またオイル成分が肌に浸透し肌の水分を保存してくれるという効果が見られます。

 

欠点として、オイルの浸透性と馴染みの良さが汚れを一緒に肌に吸収させてしまう可能性があることがあげられます。
洗顔後につかうオイルとしては適していません。

オレンジラフィーオイル】

オレンジラフィーのオイルは天然のワックスエステルと呼ばれ、肌でののびが良く、サラッとしたみずみずしい感触を保ちます。
洗顔後にそのまま肌に浸透させることで肌の潤いを保ちます。人の肌成分と近い成分であることから、肌をなめらかにしてくれます。
デメリットとして、オイリー肌の人にはオススメできないということや、ニキビ肌には合わないことがあげられます。

洗顔後オイルの正しい選び方・使い方


洗顔後オイルには様々な種類があり、使い方も洗顔前から使用したり、洗顔後だけに使用したり、または洗顔料に数滴垂らし一緒に使用したりとあります。

 

 

オイルは自然成分でできているものが多く、封を開けてからできるだけすぐに使用した方が良いことから、あまり大きすぎるものは良くありません。

 

 

一度に数滴しか使用しないため、使い切る前にダメになってしまったり、または使いきらなきゃと思い多量に使用しすぎてしまうことがあります。

 

酸化してしまうオイルも多いので、2週間〜長くても1ヶ月ほどで使い切れるものが理想です。

 

 

また、匂いがあるものだったり、乾燥肌に良いもの、ニキビ肌に良いものと様々なので、1度試して自分の肌に合ったオイルを使用することが大切です。
お試しできる程度の価格が良いでしょう。

 

洗顔後オイルの正しい使い方

顔のみだと、オイル自体数滴で十分に保湿できます。

 

しっかりと肌の汚れを取り、化粧水の後にオイルを使用するようにします。

 

オイルは手に取り、人肌くらいの温かさになると自然と伸びます。

 

それを肌に馴染ませるように、塗っていくとより浸透性が上がります。

 

ケアをする際にはすぐにお化粧をしなくてはならない朝よりも、ケアしてから時間を置くことができる夜に行うことをオススメします。

 

 

いきなりオイルケアが不安な方は
1度、こちらをご覧ください。

↓↓↓
ベビーコラーゲンを増やす卵殻膜美容液オイルまとめ

※メイク前のブースターの役割もあります

TOPへ