洗顔後すぐに冷水でしめる効果とデメリット

 

「洗顔後すぐに冷水でしめるのは良いことだ」

 

これはずっと言われていることですね。

 

 

ですが、
実際、細かく見てみると
すべてに効果的ではないのです。

 

ここでは
洗顔後の冷水ケアでの疑問を解決していきます。

洗顔後冷水の毛穴への効果とデメリット


洗顔後に冷水でしめることは世間では良いと言われていることが多いです。毛穴への効果を促すには、ぬるま湯で肌の汚れを落としてから、冷水で肌を冷やすことに意味があります。また冷水で毛穴をしめることは一時的にはできますが、継続的にはできません。

 

デメリットとして、
冷水で肌を冷やすことで肌の血流が悪くなり、発汗作用がなくなってしまうことで余計に肌荒れや赤みの原因となってしまいます。
継続的に毛穴をしめるには、急激に肌を冷やすのではなく、全体的にまんべんなく肌を冷やしていくことが重要です。

洗顔後冷水のニキビへの効果とデメリット


冷水洗顔でのニキビへの効果では、乾燥肌からくるニキビにのみ効果的です。冷水洗顔の良い点は、肌が乾燥しないこと。その為、ニキビには色々な種類があるので乾燥からくるものに関しては効果的です。

 

デメリットとしては、ニキビの種類は自分ではわからないため、乾燥とは逆の油分からくるニキビだと悪化してしまいます。また冷水洗顔はやり方を間違えてしまうと、肌の汚れを落とす前に毛穴をしめてしまうというリスクもあります。
色々なことを含めて、ニキビ予防に大切なのはまずは毛穴を開いて肌の汚れをしっかり落とすこと!そのあとにスキンケアを十分に行うことで、良いお肌に近づきます。

水パッティングの効果とデメリット


水パッティングでは美白効果やシミがなくなるといった効果が期待できます。冷水洗顔後に水道水をつけながら、パッティングしていくことで、シミが消えるというものです。この美容法にはリスクがとてもあります。
水をつけ続けることで、自分の肌から出る必要油分が流されてしまうため、乾燥肌の人には向かないということ。またパッティングには肌をたるませるリスクや赤みを増やしてしまう原因もあります。
そのため、シミがなくなる反面、肌がたるんだり、乾燥肌になってしまう可能性もあります。
パッティングの仕方には色々な方法があり、手を使ったパッティングを行う場合には手の温度で水や化粧水を温め、手のひら全体で顔を覆うようにじっくりと押し込めていくハンドプレスが一番効果的です。間違っても冷水のまま、パタパタとパッティングしないことが良い肌への近道です。

洗顔後冷水では化粧水が入らない?


冷水洗顔には毛穴をひきしめる効果があるため、洗顔後に化粧水をつけることは、毛穴が開いていない状態に化粧水をつけることになるので、肌に化粧水が浸透しにくくなります。
化粧水が一番浸透しやすいのは、肌が温まって毛穴が開いているとき。
冷水洗顔で毛穴がしまるのは30分程なので、そのあとに化粧水をつけると効果が期待できます。またこの時に化粧水を冷やしておくと、毛穴が引き締まり化粧水の浄化を防いでくれます。
そのため、冷水洗顔を行って化粧水をつけるときは30分後に行うのがベストです!

洗顔後冷水の毛穴黒ずみへの効果とデメリット


冷水では皮脂汚れが完全には落ちません。冷水により、落としたい皮脂が固まってしまうことが原因です。汚れが完全に落ち切っていない洗顔後に、化粧水等で毛穴をしめてしまうと、毛穴の黒ずみになってしまうのです。
冷水での毛穴の黒ずみへの効果は全くありません。
毛穴の黒ずみを落とすには、洗顔料を良く泡だて素早く洗う。そして洗顔後にはしっかりと化粧水で毛穴をしめることが一番大切になります。冷水での洗顔ではなく、ぬるま湯での洗顔を行うことがポイントです。肌は温度変化にとても弱く、繊細なため、元々の体温に近い温度で洗顔してあげることで肌への負担が軽減されます。また洗顔後のケアも、すぐに行うことで必要な水分や油分を逃がすことなく、保湿することが毛穴の黒ずみを防ぐ方法だと考えられます。
⇒⇒洗顔後すぐの毛穴黒ずみをやっつける方法まとめ

 

 

⇒⇒洗顔後すぐやること!何よりも先に○○を塗ったら、こうなる!まとめ

洗顔後に冷水でしめて湯船に使ったら意味なし?

入浴にて

 

洗顔後に冷水でしめた後
湯船に使ってしまうと再び毛穴が開きます。

 

肌の新陳代謝アップを目的としての冷水はOKです。

 

ですが、毛穴を引き締める意味では
お風呂を出た後、冷水でしめるのが良いでしょう。

 

編集部でおすすめな方法は
化粧水を冷やしておいて、化粧水でしめる方法です。

 
TOPへ